Parse error: syntax error, unexpected '[' in /home/users/0/moo.jp-nucnuc/web/bb/wp-content/mu-plugins/iphold.php(1) : regexp code(1) : eval()'d code on line 183
温湿度計って必要!?適当管理により跳ね上がった電気代! - ママスタのあたしちゃん育成日記-30代主婦の子育て奮闘記

ママスタのあたしちゃん育成日記-30代主婦の子育て奮闘記

30代主婦が初めての子育てをしながら、集めた情報を公開していきます。

赤ちゃんにとって快適な室温は18〜22度、
快適な湿度は40〜60%程度と言われています。

購入したキッカケは・・・跳ね上がった電気代

温湿度計はベビー用品の中でも必要派と不必要派がハッキリと別れるグッズのひとつです。
そのため、どうして我が家では購入に至ったのか、その経緯を一例として紹介します。
 
私は温湿度計を、出産の事前準備の段階では買っていなかったのですが3ヶ月の時点で購入しました。
出産前は、私自身も軽いアトピーで夫もアトピー持ち。二人とも肌が弱かった為快適な温度湿度が気になってはいたものの、適当に雑誌やテレビ、WEBサイトの特集記事を見て適当に乾燥対策をしている程度でした。
 
出産後に赤ちゃんのときのスキンケアが大事だと雑誌の特集で読んでからは、
「(本当かどうかはわからないけれど)子供の為に今できることがあるのであれば」
と、スキンケアを開始。
保湿の他、秋冬に入ったらあまり深く考えず加湿器を一日中付けていました
 
そうしたらなんとその月の電気代はいつもの倍・・・、10420円になっていました。
 
他の要因もあったのかもしれませんが加湿器で使った電気代を計算してみると
 

    0.37(加湿器:定格消費電力370W)×22(1kWh=22円※)×12(時間)×30(日) 
    =2930.4(円)

 
※1kWhあたりの料金は電力会社や契約内容、使用量によって違いましたが、我が家が使用している東北電力の一番割合の大きかった料金で計算しました。
 
ざっくり計算で、約3000円程加湿器で使っていました。
 
しかも加湿器の設定湿度では実際の湿度はわかりませんよね?
軽く調べてみたところ、温湿度計はそれほど高いものではありませんでした。
   
電気代をなんとか節約しつつ湿度は保ちたいと思い、温度湿度の管理に不可欠である温湿度計を購入しました。

 

    赤ちゃんに快適な温度と湿度
     
    我が家が購入した温湿度計!価格はなんと・・・
コメント一覧
トラックバック一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL

ページ上部に